2017年04月02日

Harley-Davidson Breakout披露

予定より早かったですが
とうとう待ちに待った念願のBreakout披露の時間です
これが私の人生で最後のバイクになるかもしれませんね

始まりはスクーターでHonda Dio 50CCから始まり
NSR50
'88 NSR250R
'92 NSR250R SE
ドラッグスター250へと
乗り継いできましたが
ようやくバイクの最終到達点にして
大型自動二輪免許で乗れる
念願のHarley-Davidson Breakout 1700CCへと
辿り着きました

27年の歳月をかけて
ようやくここに辿り着きましたわ
ここまでこれたら本当に悔いのない人生です

そして本題の披露するときがやってきましたね

ハーレーダビッドソン正規販売店の前で記念撮影です
じゃん
1-6bo.jpg

あと自宅に帰ってから写真撮りました
1-1bo.jpg

1-2bo.jpg

1-3bo.jpg

1-4bo.jpg

1-5bo.jpg
ぐるっと一週です

どーですか
これ
めっさ格好いいです~
この惚れ惚れするフォルムは
バイクの頂点に君臨する王者の如し威圧感ですね

外の光を浴びると輝きを増す
燃えさかる炎のような深紅の紅
このカラーに乗る人はそんなにいないと
スタッフの人もいっていましたが
やはりこのカラーでしょ

サイドナンバーも法律改定で縦向きは
禁止となったので
横向きにしてありますが
十分格好いいです

そして↓240mmの極太リアタイヤ
1-7bo.jpg
これが最高に格好いいです

BreakoutにはETC装備と
車体重量が320kgもあるので
右膝を手術してからは
右足もあまり負担はかけれないので
バックギアもつけてあります
バックギアのやり方は慣れが必要ですが
使ってみるとめっさ楽です

そして、車高もノーマルのままでも
ブーツ履けば十分なんですが
左側のギアがある方は少し飛び出てるので
足つきが悪くなってしまい
若干車高も下げてあります
そのおかげで足つきはバッチリですよ

そしてこのBreakoutですが
今までのバイクと違う点があって
セキュリティがついています

なので
キーも差し込みません ぅぇ
車と同様キーを持っているだけです
なんかすごいわ~

それでBreakoutに乗った感想です

免許を取って以来なので
大丈夫かな~と
ちょっと緊張してました

そしていざ走ったみましたが
すぐ慣れてきて問題なしです
まだ慣らし運転なので
回転もそんなに上げられません

車体の重量は
DS250が160kgでBreakoutは320kgと
2倍になっていますが
走っているときは特に重さは感じないですね

排気量が1700CCになったことで
パワーもあるので
大型の方が乗ってて楽です

左右に曲がるときは
今までより車体が大きいので
ちょっと怖いかな
慣れればなんともないかもしれません

あとバイクを傾けると
足のステップがすぐ路面に当たりますね ぅぇ
DS250よりは傾けられないです

あと、道路の路面が凸凹してると
車体の大きさと重さが関係しているのか
ちょっと怖いです

そして足を置くステップが
やっぱ前すぎなので
ブーツを履いてても
なんとか届くぎりぎりラインです
そしてブーツのかかとが
やはりフィットしなくて
足が置きづらいので
DS250同様ステップボードにしたほうが
いいかもしれません
それとブーツももう少し厚底のものに
したほうがいいかなと思ってます

そして問題のクラッチですが
パーツをつけて軽くしてもらったので
最初はよかったんです

ハーレーのお店から家に帰るために
1時間半程走っていたら
やはり握力がなくなってきて
握るのがちょっときついのと
左指の皮膚が弱いので
人差し指の皮がめくれて
血がでてました・・・
1-a.jpg
左指は痛みの神経がないので皮がめくれて
血が出ても痛みはありませんけどね

このままだと1時間半が限界かな
なので
一応、店のスタッフに
もう少し軽くできるか電話で聞きいたら
まだ軽くするパーツがあるということなので
左手の負担軽減のために
それをつけようかと思っています

フットボードはちょっと検討ですね
といったところで
とりあえずBreakoutの
お披露目タイムはおしまいです
ラベル:バイク
posted by ふぉり at 16:33| 岐阜 ☀| Comment(0) | バイク | 更新情報をチェックする