2017年04月09日

映画「暗黒女子」

映画を紹介の時間がやって参りました
パチパチパチパチ

今回紹介する映画は
現在上映中の「暗黒女子」です
この映画を個人的主観で評価すると7(10点満点中)ですね

聖母女子高等学院で文学サークルの定例会が始まる
この定例会では闇鍋をしながら
自作小説の朗読会をするというもので
小説のテーマが白石いつみの死について

白石いつみは聖母女子高等学院の経営者の娘で
全校生徒の憧れだったが
スズランの花を持って校舎の屋上から転落して死んだが
原因は謎に包まれていた

サークルの部員が次々と自作小説を朗読するが
その内容は他の部員が
いつみを死に導いた犯人だと告発していた・・・

はたして誰が殺したのか・・・・

この映画は最初
とっつきにくいかもしれませんが
部員が朗読をしていくことで
いろんな真相が浮き上がってきて
面白くなりますね

そして部員全員が朗読を終えたとき・・・
マジか~
みたいな
さらなる衝撃の事実が明らかになります

果たして真相はいかに

こういう展開は好きなんですが
最初の方がちょっと
とっつきにくい部分があって
評価は下げてありますが
後半に行くほど
面白みが増してくる感じですね
最後の真相には誰もが驚くと思います

好き嫌いが分かれる作品かもしれません
ラベル:映画
posted by ふぉり at 07:00| 岐阜 ☔| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする