2017年05月11日

映画「追憶」

映画を紹介の時間がやって参りました
パチパチパチパチ

今回紹介する映画は
現在上映中の「追憶」です
この映画を個人的主観で評価すると7(10点満点中)ですね

13歳の四方篤は母親に捨てられ
軽食喫茶を営む仁科涼子と篤同様に
同じ境遇の田所啓太と川端悟と家族のように暮らしていた

しかし、あることがきっかけで
赤の他人として暮らすことになる

そして25年後
刑事となった篤は偶然にも
倒産寸前のガラス会社を営む悟と出会うことになる

しかし悟はガラス会社の資金を
土建工事の社長の啓太に借りに行くが
翌日死体となって発見される・・・

そして捜査を進めるうちに容疑者として啓太が・・・
しかし、25年前に赤の他人として暮らすことになった
篤、啓太、悟の繋がりが・・・・・

この映画ですが
全体的に暗く感じてしまう映画ですね
そして、25年前のあるできごとが
いつしかバレてしまうのではないか
というできごとが
いい感じで布石となっていますね

最後はいい感じなんですが
全体的にここが魅力だ〜
という感じがなかった映画です
タグ:映画
posted by ふぉり at 22:38| 岐阜 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする