2015年11月25日

歯が・・・

歯がイタス第2弾ではありませんが

8月の左下奥歯の痛み
あれから3カ月経ちますが
10月の旅行前にとりあえず歯の治療はとりあえず終わって
旅行へ行きました
あれから1カ月
左下奥歯をとうとう抜くことになってしまいました

歯がどうなっていたかというとね
歯の割れている部分
歯1.jpg

歯が割れているので@の部分に
歯3.jpg
膿が溜まり歯茎が腫れる状態です

歯が割れているので
左の奥歯で噛むと悪化するので
右の歯をメインで噛むようにしてしばらくは様子見になる予定でした

医者から疲れやストレスは
歯茎が炎症する原因になるので注意しないと駄目だよと
言われていて
特に疲れやストレスも特になかったと思っていたんですが
体は正直なのかもしれないね

今月初めぐらいから左下奥の歯茎が全体に腫れるようになって
歯の治療してる歯茎も突然ぽっこり腫れる状態

もちろん歯茎も若干痛みがあるので
食事は右の歯でしか噛めないし飯はうまくないです

歯茎の腫れも2日ぐらいで治まってたんですが
先日また同じ状態になったのと
右の歯だけで食べているせいか
右下奥歯まで痛みと歯茎が腫れるようになってしまったので
さすがにまずいな〜と
土曜日に歯医者へ行ったら
悪化するペースが予想していたより早いな〜と

このまま様子見でも良くなることはないので
どうするか

歯の治療には3つの候補があるんですが
ブリッジ、入れ歯、インプラント

入れ歯は説明不要だと思いますが
ブリッジとインプラントの説明をすると

ブリッジ
images.jpg
歯を抜いて、両隣の健康な歯を削って上から歯を橋渡しのように被せる治療

メリットとしては噛む力を分散させることができるのと保険がきくので安く済む
デメリットは健康な歯を削るので削った歯の寿命が短くなったり歯がしみる可能性がある

インプラント
stage3.png
抜いた歯の歯茎にフィクスチャ(ネジみたいなやつ)に人工の歯を被せる治療です

メリットとして健康な歯を削る必要が無いのと噛む力も強い
デメリットは保険がきかないので費用が1本当たり50万ぐらいかかる
メンテナンスが大事で怠ると歯が駄目になっちゃう
あと歯茎の状態が悪いのにこの治療をしてもすぐに悪くなる可能性がある

メリットデメリットは大まかに書いてあるので
詳しく知りたければ調べて下さいね

それで、先生の意見は
インプラントは歯茎の状態が悪いのに治療しても駄目になる可能性もあるし
ブリッジは健康な歯を削るのでしみる可能性があるし
入れ歯は60代の人なら進めるけどまだ40代だからね〜
と先生も結構迷ってましたが
もう1つの案で歯を抜いてしばらく様子を見て
抜いた歯の両隣の歯が傾いてくるようならブリッジなどの治療をするか?
よく考えて結論を出してということでした

なので
今の状態は良くならないことが分かってるので
最後に出た案で歯を抜いて様子を見ることにしました。

これで歯が悪化しなければ問題ないんですが・・・

歯の治療もそうですが
右膝も3週間おきに注射してて
昨年同様、相変わらず医者とはお友達状態ですわ・・・・・

顔文字で表すなら
(*´Д`)=3ハァ・・・
デツ

金曜日に歯を抜いてきまっさ
タグ:その他
posted by ふぉり at 19:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。