2012年04月30日

週刊「戦国甲冑」をつくる 完結

デアゴから交換品のディスプレーケースが届いたよ
まず名楯
完-1sk.jpg
黒く縫った部分が私の名前です ぅぇぽ

次に刀
完-2sk.jpg
じゃ〜ん
切れ味バツグン?かどうかはしらんけど
ちょっとだけ鞘から抜くwww
完-3sk.jpg
なんかいいね〜
で、鞘からすべて抜いてみました
完-4sk.jpg

刃に直接手で触れると指紋とか手の脂などが刃につくと
たぶんよろしくないと思うので
触りませんが

ど〜すか〜
これ〜
ええでしょ〜
格好いい
初めて刀持ちましたが
重さもそこそこあっるよ

鞘から刀を抜いたら
時代劇のように遊んでみたくなりますが
危ないのでやりませんwwww

そしてケースの組み立て

完-6sk.jpg
前回柱が抜けたので慎重にやってます

作るところは写真に撮ってないので省略しますが
横向きで柱をネジで固定し終わって
上に向けると固定したのに柱が斜め向くし
この柱自体がダメだね

ここで柱を持つと確実に抜けると思われるので
慎重に柱の間に透明のプラスチック板を入れて
天板をとりつけたら完了ですが

柱は斜め向いてグラついてるし
背面も反ってて柱にはいりづらいし
天板はうまく入らないしで最低

あと天板と柱を固定するネジが1箇所入らないから
イライラしてやってた
で、どうやったかというと
天板を若干浮かしてネジ穴に強引に締める感じで締めたのさ

もうネジ穴の位置おかしいし
この製品ダメ

デアゴでこんなケース買うより
ネットでどこか探して受注したほうがよかったなと思う

とりあえず完成です

刀とケースを並べます
完-7sk.jpg

完-8sk.jpg

ん〜
最後までデアゴには苦労させられた
その甲斐あって燃え尽きたwwww

前立について
他の甲冑を作っているみなさんは
金箔をつけたりと工夫されてみえますが
私はこのままで完結にします

ここまでくるのに1年と約2カ月かかりましたが
これで伊達政宗所用「黒漆五枚胴具足」が
本当の意味で完結しました
自分自身にお疲れです

戦国甲冑は完全に完結しましたが
和時計、赤毛のアン、D51、ディズニー・パレードがあります
この4つも完成目指して頑張るぞ〜 ぉぅぃぇ〜

To Be Continued

AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2012 初回生産限定盤スペシャルDVDBOX 孤独なランナーVer.【外付け特典ポストカード付】

新品価格
¥15,021から
(2012/4/30 14:57時点)


タグ:戦国甲冑
posted by ふぉり at 14:59| Comment(0) | 戦国甲冑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする