2012年02月16日

51号と54号の臑当家地の革の材質について

今回、51号と54号の臑当家地の革の材質について
前立と同じ人から回答をいただきました

そのまま掲載します

代替品といたしまして、
 <左(馬手)>51号パーツ③:臑当家地
          51号パーツ④:家地裏
          51号パーツ⑤:威糸(約200cm)
 <右(馬手)>54号パーツ③:家地裏
          54号パーツ④:臑当家地

をセットにして発送し、お手元のパーツに合わせて交換していただく予定です。

代替品は2月末頃発送できる見込みです。
大変恐れ入りますが、お届けまで今しばらくお待ちください。

ということですが

このメールをくれたサポートの人
名前は出しませんが

今まで催促のメールをしなければ
放置されるような
対応でしたが
今回、すぐ返答がきました

この人に関しては
ちゃんとした対応に好感が持てますね

といって、前立の材質について
これに関しては
ケースや刀、名楯も含めれば総額18万も
費やすことになる
完全受注生産を頼んでいない人でも
総額10万超えてるわけなので

総額が1~2万程度なら諦めもつくでしょう

けど金額が一桁違うからね
完全に許されたと思わないでほしい

これは今回甲冑を最後まで
購入し完成させた
みんなが思っていることだと思う

それともうひとつ

私は前立がプラスチックになった経緯の回答でさ
ぶっちゃけ
笑ってしまったことがあるんですね

それは何かというと
弊社の模型において、
現状の鶴首では、金属の前立を支えることができませんでした。
という回答

これさ
デアゴが設計した、模型では金属の前立を支えることができませんでした。
と思いっきり非を認めてるわけですね

これみたらさ
笑っちゃったもん

笑えない?
だって
金属の前立が支えれなかったんだよ
おもいっきり設計ミスじゃん
みたいな
想像すると笑いがとまらんwwwwwww
ツボってしまったわけですよ

怒ってたんやけどさ
それも
どこかへ吹っ飛んでしまったのさ

というのが本音ですw

ただ、すべてを許したわけではないですよ

あと、今回の早い対応にはうれしい反面
これ両方作り直しということですよね

あの大変な作業を2つ分やり直す必要があるということでしょ?
これはこれでショックなんだよね ぅぇ
裁縫の試練再びでしょ?

作り直しは届いてから考えよう・・・・・

話は変わります
先月通勤の時にラジオで流れてたメロディー

サブリナ♪
パッパッパッパラ~
サブリナ♪
Rainy Day・・・・・

このメロディーが頭から離れません
すばらしい ぅぇ

ようやくCDが発売されたので
速攻で買っちゃいマスタ

↓現役女子高生の家入レオ/サブリナです

サブリナ(初回限定盤)(DVD付)

新品価格
¥1,263から
(2012/2/16 22:52時点)


ラベル:戦国甲冑
posted by ふぉり at 23:03| Comment(0) | 戦国甲冑 | 更新情報をチェックする