2018年05月13日

映画「ラブ×ドック」

平日は仕事が多忙なので
疲れてパソコンの前に座ると
どうも寝落ちしてしまい
何もできず・・・
という日々か続くので
結局、ブログの更新ができてません・・・
5月中はこんな感じだと思います
更新できる日は更新したいと思います

前置きが長くなりましたが
映画を見てきたので
本題の映画紹介です

今回紹介する映画は
上映が始まったばかりの「ラブ×ドック」です
この映画を個人的主観で評価すると7(10点満点中)です

この映画は現代から過去に話が戻って
そこで失敗した経験から現代に話が戻るので
簡単に説明しようと思いましたが
それだと面白さがたぶん伝わらないかも
なので
ネタバレな部分もありますが
説明したいと思います

洋菓子屋を営むパティシエの剛田飛鳥40歳
同じ店で働く年下の花田星矢から告白されるものの
過去の恋愛が失敗してからなかなか踏み出せずにいた
そして、話は5年前の35歳にさかのぼる・・・

35歳の飛鳥は洋菓子店経営者の
淡井淳の元で働いていた
飛鳥は彼からプロポーズの返事を伸ばしていたため
飛鳥からプロポーズの返事をしてみるものの
彼の気持ちはすでに結婚よりも仕事へと
心変わりしてしまい
彼と別れて婚期を逃す・・・

そして経営者の淡井から次に出すお店は
才能ある飛鳥に任せたいと口説かれ
淡井は妻子持ちであるにもかかわらず
飛鳥と泥沼の不倫関係へ・・・

そして38歳の飛鳥
不倫関係で失った代償から
洋菓子屋を自ら営むことになった

そんな中、飛鳥は「ラブ×ドック」という
遺伝子で恋愛を診断するという
謳い文句であやしいクリニックへ
訪れることになる・・・

はたして仕事も恋もうまくいくのでしょうか・・・

という感じで
さわりの部分だけ説明しましたが
この映画は所々で笑いを誘う部分
そして最後はちょっと泣けるかも?
そんな部分もありますが
30代後半から40代の独身女性の心境が描かれているので
その年代の人にはとても共感できる映画じゃないでしょうかね
特に女性向けの映画だと思います

そして劇中で流れる曲がとても良かったので
↓期間生産限定でラブ×ドックの曲が入っているCD買いました

CD/ROMANCE (期間生産限定盤)/加藤ミリヤ/SRCL-9769

価格:2,700円
(2018/5/13 19:17時点)
感想(0件)


ラベル:映画
posted by ふぉり at 19:26| 岐阜 ☔| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする