2015年08月03日

Windows10へアッポ~

6月頃にWindows7をクリーンインストールしたPCに
Windows10にアップグレードしてみました

まだ無償アップグレードからはダウンロードできませんが
MicrosoftのHPからはダウンロードができるので
ダウンロードして入れてみました

とりあえずアップグレードの仕方だけ説明しておきます

MicrosoftのHPからはまず32bit版か64bit版の
メディア作成ツールをダウンロードします

アップグレード前のOSが32bit版か64bit版か確認してね
32bit版→32bit版、64bit版→64bit版しかアップグレードできません
32bit版→64bit版、64bit版→32bit版にはできないので注意してくださいね

その後、そのままアップデートするか
ISOイメージとして32bit版と64bit版
または
32bit版と64bit版の両方をダウンロードするか聞かれます

パソコンが1台しかない場合は
そのままアップデートを選んだ方が手間はかかりません
私みたいに複数PCがある場合は
ISOイメージをダウンロードした方が効率はいいですね

片方ずつの場合は4GB以下なのでDVDで大丈夫なんですが
両方の場合は6GBになるのでDVDでは入らないので
USBメモリーを準備するかブルーレイにする必要があります。

DVDにISOイメージを作成したら
パソコンのドライブに入れて実行します
1-1pc.jpg

その後、画面に従って
PCのパスワード入力
1-2pc.jpg

簡単設定
1-3pc.jpg

Widows用アプリ
1-4pc.jpg

1-5pc.jpg

最終処理
1-6pc.jpg

これでWindows10にアップデート完了です

アップデート時間の目安について
DVDからのアップデート時間は約30分(PCの性能次第で前後する)
直のアップデートはWindows10のダウンロードに時間がかかるので
約1時間必要(回線速度で時間は変わる)

↓がWindows10
1-7pc.jpg

↓Windowsマークをクリックすると
1-8pc.jpg
Windows7に近いですね
Windows8.1よりは使いやすいです

ただ、Windows10になって
設定関係がまた変わってるので
探す必要がありますが
これもそのうち慣れるでしょう

Windows8.1も操作慣れたので
Windows10にしても特に問題はナスだと思います

Windows7からだと
設定項目がWindows8.1ベースなので
慣れる必要はあるんじゃないかな

それとアプリ関係は一通り
Windows10でも使えるので問題はなさそう

Windows10へアップグレードしようとしている人へ

注意事項について書いておきます。
出たばかりのWindowsには必ずバグがあります
それを踏まえてアップグレードしてください

ただ、Windows10を入れても1ヶ月間は前OSに戻せるみたいです

そして1年間はWindows7と8と8.1の人は
無償でアップグレードできるので
それまでにはWindows10しておいたほうがいいですね

Windows8.1を使ってる人なら
アプリはほとんど動くと思いますが
Windows7を使っている人は使えないアプリや機器が
あるかもしれませんので要注意ですよ
(Windows7では使えても、古い機器だとWindows8や8.1に対応していない機器もある)。

パソコンのドライバー関係(プリンター、グラボ、アプリケーションソフトなど)は
それぞれのHPから最新のドライバー(Windows10対応)があれば
ダウンロードして入れ直してくださいね。

あと、残りのPC3台とSurfacePro3もWindows10に切り替える予定です
皆さんもWindows10ライフを楽しんでください。
ラベル:PC
posted by ふぉり at 06:18| Comment(5) | PC | 更新情報をチェックする