2015年01月13日

電子書籍Reader

小説はたくさん読むので
読み終わった後の小説が
新しく本棚を買わないと整理ができないので
↓のように山積み状態になってます・・・・
1-1esyo.jpg

それで以前から電子書籍のことが気になってはいたんですが
どれがいいのか
さっぱりワカラン

スマホ、タブレット、PCでも見ることはできますが
スマホはバッテリーの消費が激しいので厳しい・・・
Surface pro3でも見ることはできるんですが
本を読むのにあの大きさと重さは無理・・・
PCでは読む気になれない・・・

ということで
電子書籍Readerの購入を検討していました
純粋に小説を読みたいだけなので
タブレット機能は不要でバッテリーの時間と重量かな
あとは今後の動向などを調べました

その中で比較したのは↓の3つ
ソニーreader・・・・・PRS-T3S
AmazonのKindle・・・Kindle Voyage
楽天のkobo・・・・・・kobo aura

それぞれメリットとデメリットがあります
PRS-T3S
ライトなし(ライトがほしい人はLED付きブックカバーを購入する必要あり)
内蔵メモリは2GB
重量は160g
メモリーカードは最大32GBまでmicroSDHCカード
バッテリー持続時間は2ヶ月
電子書籍ストア「ソニーストア」、「紀伊國屋書店Kinoppy」

Kindle Voyage
内蔵ライト搭載
内蔵メモリは4GB
重量は180g
バッテリーは数週間ワイヤレス接続オフ、一日30分使用
メモリーカードはなしでamazonクラウドに無料・容量無制限に保存可能
電子書籍ストア「amazon」

kobo aura
バッテリーは最長で約8週間(ライトおよび Wi-Fi をオフにした状態で、1 日30分使用)
フロントライトを搭載
内蔵メモリは4GB
重量174g
メモリーカードは最大32GBまでmicroSDHCカード
電子書籍ストア「koboイーブックストア」

今後の動向としてソニーは新製品の投入はないので
買うならkindleかkobo かです

Kindle Voyageのデメリットとしては値段が非常に高い
kobo auraのデメリットとしてはkoboイーブックストアの本の量

koboイーブックストアで読みたい本を検索したときに
最新の電子書籍で紀伊國屋書店やkindleストアにはあるけど
イーブックストアには本がないなど登録されてる本の量が少なく感じた

なので
koboは候補から外しました

ソニーは安くて軽いしバッテリーも長持ちする
すごい魅力があるんですが
今後新しくReaderが投入されることはないので先がないのが難点

Kindle Voyageは性能もいいんだけどとにかく高いんです
なので
どれにするか購入をずいぶん迷いましたが
最終的な結論として値段、重量、バッテリーの長さから
ソニーのPRS-T3Sにしました。

これがPRS-T3S
1-2esyo.jpg
暗いところでは読まないしということでライトなしカバーにしました
赤いカバーですが
本体とマッチしててなかなかいいです

まぁ
ソニーReaderはソニーストアーが駄目になったとしても
紀伊國屋書店から購入した本は読めるのでいいかと
それと本体が壊れたら
今度はKindle Voyage買えばいいかみたいなw

ライトはありませんが
比較的に紙に近い色なので目も疲れないし読みやすいです

現在、赤川次郎の三姉妹探偵団にハマってて
購入しました

Readerで読むとどうなのか気になるでしょ?
↓写真を撮ってみました
1-4esyo.jpg

1-3esyo.jpg

1-5esyo.jpg

あとね
ファンタジー系も好きなので
「賢者の弟子を名乗る賢者」の電子書籍も買って読んだんですが
すぐに物語に引き込まれてハマってしまい
2冊読破しちゃいました ぅぇぅぇ
めっさ面白いです
まだ続きが出ていないのは残念ですが

本の良さは
本の収集っていうのもあるんやけど
本を持ったときの重量感と紙の質感かな
紙の質によっては、さわり心地がいいだとかページがすぐめくれるとかあるし
あと読書してるって感じがするね

電子書籍と違って目は疲れない
そして、本の厚さであとどれぐらいで結末を迎えるとか
読破できるなぁというのが分かるんやけど
電子書籍だとそういうのがないので
なんかちょっと寂しいけどね

ただ、すべてが電子書籍である訳ではないので
現在、愛読中の「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」なんかは
電子書籍がないので本を購入する必要があるんやけどね
このゲートもアニメ化は決定したみたいだけど面白いのでお勧めの小説です

今後も本と電子書籍と両方楽しんでいきまっさ

To Be Continued
ラベル:小説
posted by ふぉり at 13:14| Comment(0) | 小説 | 更新情報をチェックする